カスタマーエンジニアの超実生活

CE歴10年超え2児の父として仕事と家庭に奮闘する日々を語る。

子供のいる幸せを感じる瞬間

f:id:onikusan8:20180922212615p:plain

私は結婚して幸いにも二人の子供に恵まれた。

5歳の女の子と1歳の男の子。

どちらの子も毎日少しずつ賢くなって、できることが1つ1つ増えていく。

その成長する姿を見るだけでも幸せを感じる毎日。

 

ただ上の子は賢さが増しすぎて、「ママ、怒らないで!もっとママの事、好きになるから!」なんてことをスーパーの中で大声で言ったらしい。

妻は虐待を疑われるんじゃないかとヒヤヒヤものだったらしい。

賢さというか自然と出た言葉なのかもしれないですが、、、

 

さて、私が子供がいて幸せだなと感じる瞬間がまさに今日あったので、それを記事にしたいと思う。

言葉で説明するのも難しいので、絵に描いた画像がこちら。

f:id:onikusan8:20181106154230p:plain

えーと、絵が下手なのは承知の上なので、状況だけ分かっていただければ(汗

上の子の頭を撫でつつ、下の子のお腹をトントン。

二人とも早くに寝てくれたんですが、ふと「俺、今めちゃくちゃ幸せじゃん」と感じ、心が幸福感で満たされました。

手から伝わってくる子供の暖かさに柔らかさ。

眠ってる子供から聞こえてくる微かな寝息。

そして秋の涼しい気温。

全てがあいまって、体も心も満たされた感じです。

 

この幸せを壊さないよう無くさないよう、父ちゃんはもっと頑張るぞと決意。

そしてこのブログを書いています。

 

結婚なんて人生の墓場だ

と言われますが、子供がいる幸せは結婚しない限り味わえないと思います。

子供が歩き出す瞬間、自分の事をパパって言ってくれる瞬間、保育園の迎えで私を見て走り寄ってきてくれる瞬間、その幸せを知れないなんて、私は人生を損していると思います。

 

子育ては大変です。

子供は0から始まるので最初は全部世話しなければなりません。

だから本当に大変です。

今まで使えていた自分の時間・夫婦の時間のほとんどを使って、子供に投資しなければならない。

家事もしなくちゃ、仕事もしなくちゃ、子供の世話をしなくちゃ、パートナーの機嫌を取らなくちゃ、それで毎日が忙殺されていきます。

それ全てが辛く感じる人は「結婚なんて人生の墓場だ」なんて言うのかも。

 

 

でも私はそれでも「今、幸せだ」と言いたい。言える。

結婚してよかった。

子供がいてよかった。

子供たちが思春期を超える頃にもこう思えるだろうか。

今の気持ちをここに記録して後の自分に残しておこうと思う。

 父ちゃんは家族を愛してるぞ!

 負けるな自分!守るぞ家族!

 

ではまた。

プライバシーポリシーについて