カスタマーエンジニアの超実生活

CE歴10年超え2児の父として仕事と家庭に奮闘する日々を語る。

14日目 知らないは罪じゃない。損である。

 

私も生れ落ちてから、30年と少し経ちました。

人生経験を色々積んでいき、タイトル通りのことが分かってきた気がする。

 

知識がある人と無い人が戦ったら、当然知識がある人が勝つ。

それは何故か。

知識があるということは、相手の行動を読めるということ。

知識があるということは、その行動に対する対応パターンを複数持てるということ。

知識がないということは、相手に全てを任せるということ。

 

知識があれば、最善の方法で最善の行動を行える確率が大きく高まります。

知識が無いと、方法も思いつかず対策も打てません。自分のセンスだけが頼りです。

 

まずは自分自信に技術や知識を蓄える。(学生時代)

そこで得た知識を社会のために使う。(社会人)

如何に学生時代に学びを多くできるか、知識を蓄えるかが重要だと思います。

だから東大生は世間の評価も高いんですよね。

社会人になってから、知識ベースのスタートラインが違いすぎます。

でも、社会人はコミュニケーション能力も大きく必要になってきます。

この能力も有るか無いかよって、今後の人生を大きく左右する要素になると思います。

 

なんか、文章の組み立てがなってませんね。

あとで清書したいと思います。

 

今日は仕事で遅くなってしまったので、これくらいで。

 

ではまた。

 

 

プライバシーポリシーについて